フッ素塗料のデメリットはどれがホント?真実をお答えします。

ピンクの家 塗料

今回のテーマはフッ素塗料です。

 

✅本記事はこういった方、必見です!

・フッ素塗料で外壁塗装を検討している
・フッ素塗料をもっと詳しく知りたい
・フッ素塗料のデメリットを知っておきたい

 

ご存知のようにフッ素塗料は、その「高い耐久性」がウリです。

それと同時に、他の塗料よりも「かなり高額」

その辺りがどうしても慎重にならざるを得ない理由ですよね。

 

業者は『フッ素塗料なら間違いない!』と言うけど、ホントかなぁ…。

 

良いことしか言わないから、一応デメリットも知っておきたいわ…

 

 

フッ素塗料ならどれも一緒なのかなぁ…みんなどの塗料を使ってるんだろうか…

 

今回は、こういった「フッ素塗料の悩み」を解決できる内容となっています。

事前に知っておいた方が良い「正しい情報」をお伝えしていきます。

 

20年以上の現役業界経験者が語る、フッ素塗料の真相です。

 

外壁塗装のフッ素塗料のデメリットはたった一つ

最初に結論から言うと、フッ素塗料のデメリットはたった一つしかありません。

フッ素塗料のデメリット
 ⇒
塗料の値段が高い

 

正直それ以外、見当たりません。

 

では、実際どのくらい高いのか、実際の塗料で比較してみましょう。

 

塗料名 一缶塗料代
クリーンマイルド
シリコンCR
29,700円
クリーンマイルド
フッソCR
64,300円

※大手塗料メーカー エスケー化研株式会社
(JIS K 5658 1級・2級認定商材 設計単価表より)

 

同じ塗料メーカー、かつ同条件のJIS規格を取得してある、シリコン塗料とフッ素塗料で比較してみました。

 

一缶当たりの塗料価格差は、約2倍ですね。

✅仮に、実際の塗装工事で4缶使用したとするならば…

  • シリコン塗料・・・118,800円
  • フッ素 塗料・・・257,200円

    その差なんと、138,400円!

これだけ見ると、『フッ素塗料を使うメリットってあるの?』って思いますよね(笑)

 

先にも書きましたが、フッ素塗料は高額ですが、長く持ちます。

 

だからそれだけ「費用対効果」が良いわけです。

短期的に考えれば高く、長期的に考えたらコストパフォーマンスがかなり良い塗料ですから、フッ素塗料は住んでいる方の考え方次第で、デメリットにもメリットにもなり得る塗料、と言えるでしょう。

 

高価格なフッ素塗料が、なぜ費用対効果が良いのか

✅ フッ素はコスパが良いとは聞くけど

・「シリコン塗料の2倍以上の価格」
  でも・・・
 「シリコン塗料の2倍長く持たない」

 

あれれ…? これって、一見矛盾してますよね。

でも、ちゃんと「カラクリ」があります。

 

確かに塗料代は2倍になりますが、その他の工事費(足場代や人件費など)は何一つ変わりません。

高級品のフッ素塗料を使用したら足場まで立派に…なんてあるはずもありません(笑)

 

ですから、塗料をフッ素にしたからといっても、変わるのは「塗料代だけ」です。

 

塗料代は、全体の工事費の約2割程度。

ということは、残りの8割は、どんな塗料を塗っても変わらない費用となります。

 

そう考えると、腑に落ちますよね。

 

全体の工事費でシリコン塗料とフッ素塗料を比較すると、約1.3倍

耐久性の面で比較すると、フッ素塗料はシリコン塗料の約1.5倍長く持ちますから、当然コスパが良い塗料、ということですね。

 

ちまたで良く言われているフッ素塗料のデメリットは真実?

さて次は、「フッ素塗料のデメリット」について掘り下げていきます。

 

先に書いた様にフッ素塗料のデメリットは、「高価格」でしたよね。

でも、それ以外の「フッ素塗装のデメリットの噂の真偽」、気になりませんか?

 

例えばネットでのこんな書き込み

1.フッ素塗料は、塗膜(塗装の表面)が硬く、割れやすい
2.フッ素塗料で塗り替えすると、次回塗り替えが出来なくなる
3.フッ素塗料なんて、住宅で使用する塗料ではない
 

結論から言うと、これらはすべてデタラメですので信じないでください。

 

正直な話、こんな誤った情報どっから出てきたのか不思議なくらいです。

一つづつ解説していきます。

 

フッ素塗料は、塗膜(塗装の表面)が硬く、割れやすい?

なんかもっともらしい言い回しで、思わず信じてしまいそうになりますよね。

 

でも、よく考えて下さい。

そんなに硬い塗装なのであれば、そもそも製品として成り立ちませんよね。

 

地震などによる揺れに対しては、どの塗料でもヒビ割れなどするときはしますし、「フッ素塗料だから割れやすい」など、今まで一度も感じたことはありません。

まったく気にしなくてOKです。

 

フッ素塗料で塗り替えすると、次回塗り替えが出来なくなる?

こちらもあり得ないデマですねー。

 

そもそも、塗り替えが出来ないような塗料を、公共事業で使うことがあるでしょうか。

 

70年以上の歴史がある「フッ素塗料」

仮に塗り替え(再塗装)できない塗料であれば、今頃とっくに使用禁止塗料に指定されていますよね。

 

フッ素塗料なんて、住宅で使用する塗料ではない?

これはもう完全に、時代遅れの古き塗装職人思考ですね。

 

もう、フッ素塗料は住宅部門でも一般的になりつつあります。

 

確かに20年ほど前までは、その塗料価格の高さがネックとなり、一般住宅では思うような費用対効果が得られませんでした。

しかし現在では、比較的安くフッ素塗料を使用出来るようになり、費用対効果も十分見込めるようになっています

 

ちなみにセキスイハイム、ヘーベルハウスなどの一部大手ハウスメーカーも、フッ素塗料を提案しています。

 

これ以外にもフッ素塗料は、数多くのデマが流されていますので注意が必要です。

 

※デマが流れる理由を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考に。

フッ素塗料を地元塗装屋が薦めない本当の理由(塗装業界の裏話)
フッ素塗料のよく聞くデメリットや噂の真偽を知りたいですか?この記事は塗装業界経験20年以上の現役経営者が、「なぜフッ素塗料を勧めたがらないのか」の裏事情を業者側の立場から書いています。これから外壁塗装を考えられている方、必見です。ちまたで良く聞くフッ素塗装の真実を知ってください。

 

どのフッ素塗料が良いか解らない方は、こちらをオススメします!

最後に、「信頼性のおけるフッ素塗料」を一覧にまとめておきます。

 

※左が塗料メーカー名、右が塗料商品名です。

塗料メーカー名 商品名
日本ペイント ファイン4Fセラミック
関西ペイント セラMフッソ
エスケー化研 クリーンマイルドフッソCR
スズカファイン ワイドエポーレF
菊水化学工業 キクスイ DPC 1

 

フッ素塗料選びに悩んだら、これらを使用すれば、まず間違いないでしょう。

その理由は、JIS規格(日本産業規格)で認定されている、選りすぐりのフッ素塗料商品だからです。
※上記塗料商品は、すべて「JIS K 5658 1級」規格認定塗料です。

 

【日本産業規格とは】

日本産業規格(にほんさんぎょうきかく)は、産業標準化法に基づき、認定標準作成機関の申し出又は日本産業標準調査会(JISC)の答申を受けて、主務大臣が制定する規格であり、日本の国家標準の一つである。
JIS(ジス)またはJIS規格(ジスきかく)と通称されている。
※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

要するに、国が『この塗料は、間違いありませんよ』と太鼓判を押してる塗料です。

 

みなさん知らないだけで、実は塗料にも、ちゃんとそういった認定品があるんです。

 

根拠のないオススメや、塗装業者の商売上のオススメなどではなく、第三者機関の、しかも国のお墨付きですから、安心できますよね。

 

でも、こんなこと誰もなかなか教えてくれないんですよねー。

この記事にたどり着いたあなたはラッキーです(笑)

 

※エスケー化研の「クリーンマイルドフッソCR」は、語尾に「CR」が付いているものです。付いてないものは【JIS規格認定製品】ではありません。
 
上記には載せていませんが、KFケミカル株式会社の「セミフロンマイルドⅡ」も非常に良い塗料で、個人的にはオススメです。
※今のところ、JIS規格は取得していないようです。

 

フッ素塗料のまとめ

さて、今回は「フッ素塗料のデメリットの真相」をテーマにお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

繰り返しますが、フッ素塗料は高価な塗料です。

 

その代わりしっかりした工事をおこなえば、間違いなく素晴らしい耐久性を発揮してくれることでしょう。

ですから、業者選びは一時の感情に流されることなく、慎重に決めていくことが大切です。

 

妥協せず、ご自身の希望を叶えてくれる業者選びをしていきましょう。

業者の選び方については、⇒こちらの記事も参考にどうぞ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました