外壁塗装の激安チラシ広告は本当なのか?塗装のプロがその裏側(カラクリ)を暴露!

外壁塗装の激安チラシ広告は本当なのか?塗装のプロがその裏側(カラクリ)を暴露!塗装業者

 

現在、外壁塗装の集客方法は大きく分けて4パターンあります。

 

  1. 訪問営業
    一軒一軒飛び込みでアプローチ
  2. テレアポ営業
    電話でアポイントを取ってから訪問
  3. チラシ営業
    新聞折込広告や激安チラシなどで反響を待つ
  4. ネット集客
    ホームページやインターネット広告を使った
    集客

 

 

今回はその中から、新聞折込などでよく目にする外壁塗装の激安チラシにフォーカスして、激安のカラクリや手口についてお話できればと思います。

 

 

✅本記事は激安チラシにこういった疑問を持たれている方向けの記事です。

  • なんでこんなに安いの?
  • 本当にこの価格で工事してくれるの?
  • 激安チラシで頼んでも大丈夫?
  • なんかウラがあったりするんじゃない?
  • 激安チラシで工事した人の感想が知りたい

 

※本記事は、あくまでも「悪質な激安チラシ」に対しての内容であり、全ての折込チラシを否定する内容ではありません。※この記事を執筆した私は住宅塗装歴20年以上の経験があり、これまでの知見をもとに書いています。

 

 

とりあえず相場を知りたい方は、下記サイト(無料)を利用してみてください。あなたの家の形状や劣化の状況を選んでクリックしていくだけで、その場で目安となる相場を教えてくれますよ。【所要時間 約3分】

\その場で相場がわかる!/
※費用は一切かかりませんのでご安心ください。

 

外壁塗装を激安チラシで検討する前に知っておいて欲しいこと

 

まず最初に、激安チラシが本当か嘘かということはいったん置いておいて、外壁塗装工事をする上で必ず知っておいて欲しいことがあります。

 

それは、塗装業者は赤字が出てまで工事することは絶対にないということです。

 

 

たとえあなたがどんなに「得したな」と感じていても「得しているのは業者の方」です。安くしてもらったなって思っても、その安くなった金額から業者は利益を抜いて、そして余った金額でしか工事しません。

 

とすると、工事の品質は言わずもがな、そのレベルということです。

 

私も長いことこの業界で働いていますが、この20年間で赤字が出てまで工事を請け負っている業者など見たことありません(笑)

 

ではそれらを踏まえて、激安チラシ広告の裏側(カラクリ)をお話しさせていただきます。

 

 

外壁塗装の激安チラシ広告は本当なのか?

 

  • 30坪のお住まいが60%引きの25万
  • 屋根・外壁をフッ素で塗って35万

 

こうした魅力的な見出しが踊る激安チラシですが、残念ながらそのほとんどは客寄せのための誇大広告です。

 

チラシ営業は問い合わせがあってからが勝負。問い合わせがなければまったく意味がありません。

 

当然チラシを出すのにも制作費や広告費がかかっていますので、いかに魅力的、かつ興味を引く見出しにするかが勝負なんですね。

 

もちろん全ての激安チラシがダミーだとはいいませんが、誰がみても明らかに安すぎる広告は疑うべきです。



よくある外壁塗装の激安チラシのカラクリ4パターン

 

では、よくある激安チラシ広告の中から代表的な手口を4つピックアップして紹介しておきます。

 

このような見出しがある激安チラシに騙されないように注意してください。

 

激安チラシによくある4パターンの罠

  1. 先着◯名!限定◯棟!
  2. 20坪以内の場合
  3. 足場代やその他付帯塗装は別途必要
  4. 材料費のみの価格

 

 

先着◯名!限定◯棟!

 

先着1名様限定屋根・外壁塗装セット35万

 

 

あまりの安さで金額ばかりに目がいきがちですが、よく見ると「先着◯名」「限定◯棟」といった条件付きの激安チラシです。

 

本当に先着1名に安く提供しているかどうかは知りませんが、どちらにしても客寄せのためのものです。

 

おそらく問い合わせてみても

『すみません、それはもう埋まっちゃったんですよ〜。でも今ならキャンペーン期間中で安くできますので無料見積もりしますよ』

と言われて、通常価格で提案されるのがオチです。

 

「限定」や「先着」は昔ながらのよくある営業手法ですね。当たることはほぼありません。

 

 

20坪以内の場合に限る

 

外壁塗装が驚愕の50万

(※20坪以内の場合)

 

 

これも激安チラシでよくあるパターンです。よくみると隅っこの方に小さな文字で「◯◯の場合」と書かれてるんですよね。

 

しかもいやらしいのが、普通のお住まいではどう考えても当てはまらないようなケースだったりするわけです。※2階建てなら20坪を越えるお住まいがほとんどでしょう。

 

で、問い合わせして見ると

『お客さんのお住まいは大きいのでこの価格ではちょっと出来ませんね〜、このチラシ価格は20坪の場合なんですよね〜』

と説明されて、結局は通常価格で営業をかけられることでしょう。

 

他にも、塗装面積(㎡数)を条件にしている場合などもありますので注意です!

 

 

足場代やその他付帯塗装は別途必要

 

屋根・外壁塗装コミコミ価格でなんと42

(※足場代・付帯塗装費用は別途)

 

 

こちらも先に紹介した坪数や平米数などの条件と一緒で、よく見ると小さく「※足場代は別途」などと書かれているパターンです。

 

足場代や付帯塗装などを外すならそりゃ安くなるはずですよね。というより、なぜ外した価格をわざわざ掲載するのか、ホント意味が分かりませんよね。

 

激安チラシはほんと細かい部分まで隅々確認しないといけませんね。

 

 

材料費のみの価格

 

外壁塗装パック 〇〇シリコン
78
%OFF3万円
【※材料費のみ】

 

最近この手のタイプの激安チラシを本当に多く見かけますねー。外壁塗装を検討中の方がこんなチラシを見れば『3万で工事できるの?』って勘違いしてしまいますよね?

 

でも、こちらの激安チラシもよくみると小さな文字で【※材料費のみ】って書かれているんですよね。ちなみに材料費とは塗料代の話です。

 

ですから、足場代や塗装の手間代など外壁塗装でかかるほとんどの費用は表示価格に含まれていないんですね。

 

しかも、塗料代は家の大きさや形状により使用する缶数も変わりますし、そもそもなにを基準に78%OFFなのかすら分からないという、もうとんでもないチラシです。

 

ホントこの手のチラシは悪質ですね!数字で騙そうとしている確信犯ですよ!

 

 

信用できる外壁塗装のチラシの見分け方

 

では次に、「信用できる外壁塗装のチラシを見分ける方法」について紹介します。

 

 

信用できるチラシの確認項目は以下4点

  1. チラシに会社の住所電話番号が掲載されていますか?
    掲載されている電話番号は固定電話やフリーダイヤルになっていますか?携帯電話の場合は要注意です。

  2. 公式ホームページ(ウェブサイト)がありますか?
    ホームページを確認して、これまでの実績や施工例(画像)などがあるかどうかも確認してみましょう。

  3. 保証面アフターについても記載されていますか?
    外壁塗装は工事が終わってすぐに結果が出るものではありません。保証の有無や、その後のアフター対応がされているかどうかもとても重要ですので、必ず確認するようにしましょう。

  4. 掲載されている価格は常識の範囲内ですか?
    これは説明するまでもありませんよね。本記事で紹介したような「80%OFF」や「コミコミセット価格8万円」など、普通では考えられない表示価格のチラシはやめておきましょう。

 

 

 

ちゃんと真面目に一生懸命仕事をしている塗装屋さんであれば、上記4項目はクリアしていることが多いので、金額と合わせてぜひチェックしてみてください。

 

チラシ以外で安く見積もりを取る方法がこちら

外壁塗装の一括見積もりサービスとは?無料で使える仕組みや上手な活用方法を紹介!



最後に:外壁塗装の激安チラシのまとめ

最後に:外壁塗装の激安チラシのまとめ

 

さて、今回は外壁塗装の誇大広告「激安チラシ」について解説してきました。

 

私も、日頃から新聞折込などで外壁塗装の誇大広告チラシを目にしていて、「これはあまりにもひどいな」と思うことも多かったので、今回あえて激安チラシの裏側を暴露させてもらいました。



そもそも外壁塗装は相場がわかりにくいため、「事前に料金が知れる」チラシ広告は安心で取っ付きやすいと感じるのかもしれませんね。

 

しかし中には、そこにつけ込んでありえない表示価格で悪質な客寄せをする外壁塗装業者もいるわけです。そして、そのような集客をしている業者はチラシ同様工事でもお客さんを勘違いさせるような仕事をしている可能性大です。



外壁塗装は、購入時に完成された家電製品などと違い、あなたと相談して一から作り上げるあなただけのオリジナルオーダーメイド商品なのです。

 

ですから本来は、あなたの思いや考えも反映せず、家の形状や状態なども確認せずに工事費用など算出できるものではありません。ましてやパック売り◯◯万円などの激安チラシはありえないのです。

 

外壁塗装の激安チラシに掲載されている価格は、あくまでも客引きのための営業手法なので、目安程度に捉えて真に受けないようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました