※当サイトは、記事本文中に差し込まれる画像広告を極力排除し、”読みやすい”をモットーに運営しています。その代わり、当サイトが安心して利用できると考える”外壁塗装の一括見積もりサイト”を紹介することでアフィリエイト収益を得て運用を行なっておりますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

外壁塗装の「足場代無料」の真実。業界20年のプロがそのカラクリを大暴露!

外壁塗装でよくある「足場代無料」ってホント?信じて大丈夫?騙されたりしない?塗装業者の選び方

 

今なら足場代無料で塗装工事できますよ!

そんな巧みな声かけをしてくる業者が多い外壁塗装工事。

 

でも足場無料なんて本当にあり得ることなのか?

 

ということで今回は、外壁塗装においての足場代無料トークの真実やカラクリ、そして足場代無料と言われた時の対応法考え方注意点などを業界20年のプロが丁寧に解説します。

 

「足場代無料」は使い方次第では得するケースもありますので、本記事を最後まで読んで悪質な外壁塗装業者にまんまと騙されないよう、上手に活用しましょう。

 

関連記事

 

外壁塗装の「足場代無料」トークとは?

外壁塗装の「足場代無料」トークとは?

 

まず最初に、塗装業者が足場代無料の営業トークをいくつか紹介しておきます。こういったトークを鵜呑みにすると騙されますので十分ご注意ください。

 

  • 今ご近所で塗装工事しているので、今なら足場が無料にできます!

  • ご近所の工事後にそのまま足場を移動させると足場の運搬費がかからないので、無料にできるんですよ!

  • でも、ご近所の工事期間中にご依頼いただけないと足場代無料にできないんです!

  • 足場代って20万近くするので、その浮いた分でご家族で旅行した方が得ですよね!

 

 

こんな感じで声かけしてきます。特に「ご近所の工事が終わるまで」という期限を設けて、頼まないと損する気持ちに拍車をかけてくるのが特徴ですね。

 

運搬費がかからないから「足場代無料にできる」はホントなのか?

 

  • 近所で工事しているからそのまま足場を移動すれば人件費・運搬費がいらないので足場代を無料にできる。

 

 

一見すると理に適ってるように聞こえますが、残念ながらこんなことで足場が無料になることはありません

 

まず、足場は運搬費よりも組立・解体に労力(コスト)がかかります。たとえ隣で塗装工事していようがいったん足場をバラして組み立てる手間は変わりませんので、無料になるなんてことは絶対にないのです。

 

それでも足場代を無料にしなければいけないのなら、それは「足場を架けない」しかありません。でも、足場を組まずに工事できるかといえばそれも出来ないわけです。なぜなら外壁塗装工事は必ず足場を架けなくてはいけないと法律で決まっているためです。

 

 

足場代無料はあくまでも営業トーク。真に受けたらダメですよ♪

 

 

では、なぜ塗装業者は「足場代を無料にする」というのか?そのカラクリを大暴露!

 

では、なぜ塗装業者は「足場代を無料にする」というのか?

 

それは、単に見積もりから足場代を値引きしているためです。というより、足場代を差し引くことを想定して、最初から足場代を上乗せした見積書を作成しているわけです。

 

 

仮に15万の足場代なら、他の項目に15万円分割り振っているのです。洗浄費や養生費、それに雨戸や破風板、補修費といった別項目に少しずつ上乗せしていけば帳尻は合います。

 

特に、塗装のm2単価(下塗り・中塗り・上塗り)や、付帯部塗装(雨戸や戸袋、それにその他の塗装部分)などはお客さんにとって分かりづらいのでバレにくいんですね。

 

塗料は業者によって提案する商品が違うので比較しづらいですし、付帯部は家によって塗る場所や範囲も異なりますしね。

 

 

けっきょく見積もり上は「足場無料」になっていても、実際のところ足場代はかかっているわけなんです♪



足場代無料といってくる塗装業者は本当に悪徳なのか?

 

さて、ここまで外壁塗装工事における「足場無料トーク」についてのカラクリを解説してきましたが、実際のところこのような塗装業者は本当に悪質なのでしょうか

 

私は一概にそうともいえないんじゃないかな、と考えています。

 

ここからは私個人の見解を含みますので、「こういった考え方もできるよね」という感じであくまでも参考程度にお聞きください。

 

 

例えば、デパートなどのバーゲンセール、通販などでよく目にする〇〇%OFF、それに夜になると毎日半額になるスーパーのお弁当。

 

よく考えてみると日常でも同じようなことが普通に行われているんです。外壁塗装の「足場代無料」も、ある種どの業界でもよくある一つのビジネス戦略(販売手法)なのかなと感じたりもします。

 

 

外壁塗装工事においての「足場代無料」はいわば◯◯%OFFと同じことなんですね♪

 

 

足場代無料と言われた時の適切な対応と考え方

 

では、いざ「足場代を無料にします」と営業をかけられたらどう対応すべきか?「そんな塗装業者なんかとは契約するか!」と突っぱねた方が良いのか?

 

 

個人的にはそれは少しもったいない気もするんです。ようするにアプローチの仕方はどうあれ、あなたにとってメリットがあるかどうかがポイントなわけです。

 

先ほどのお弁当の件ではないですが、半額になったから「そのお弁当は怪しい」とはならないですよね。「得したな」と思って購入するわけです。

 

じゃあ足場無料となにが違うのか?というと、それは安くなる理由(カラクリ)を理解できているかいないかの違いです。

 

安くなる理由が分からないから不安だし怖い。お弁当は「売れ残れば廃棄しなくちゃいけない」という安くなる理由が分かるから安心して購入するわけです。

 

 

本記事を読んで、「足場代が無料になる=単に値引きしているだけ」というカラクリを理解できたのであれば、それを踏まえた上であなたにとって本当にメリットのある話かどうかを総合的に判断してみても良いかなと思います。

 

 

ようするにこちら側が利用するわけです。その業者がいう「足場代無料」という営業トークを♪

 

 

関連記事 安全な足場ってどんな足場?危険な足場や手抜き足場を見極めよう!

こんな足場には注意!外壁塗装工事の危険な足場や手抜き足場の見抜き方
外壁塗装工事を行う際に注意したい点の一つが足場です。 外壁塗装の場合、おそらくあなたが足場屋さんに直接工事を依頼することはなく、外壁塗装業者さんを通して足場を手配するかたちになるはずです。 そこで注意したいのが「どのような足場を組むのか?」...

 

 

まとめ:外壁塗装の「足場代無料」の真実。業界20年のプロがそのカラクリを大暴露!

まとめ:外壁塗装の「足場代無料」の真実。業界20年のプロがそのカラクリを大暴露!

 

さて、今回は外壁塗装業者がよく使う「足場代無料」について、その真相やカラクリや、考え方や捉え方、対応法について解説してきました。

 

 

外壁塗装の「足場無料」のカラクリと対応まとめ

  • 外壁塗装で足場代が無料になることは絶対にない。営業トークの一つ。

  • 「足場代無料」は「◯◯%引き」と同じこと。最初から値引き分を上乗せされて見積もりを作成されていることがほとんど。

  • 重要なのは足場が本当に無料かどうかではなく、総合的に判断してあなたにとってメリットがあるかどうか

 

 

当サイトでは、外壁塗装工事を失敗しないための見積もりの取り方や、よくある営業トーク集など、初心者に役立つ情報を発信しています。ぜひ参考にしていただき、より良い外壁塗装工事に繋げていってください。

 

関連記事 初心者必見!おすすめ記事

タイトルとURLをコピーしました