どこに頼む?外壁塗装業者の種類や形態を徹底比較

どこに頼む?外壁塗装業者の種類や形態を徹底比較塗装業者

今回は、外壁塗装工事の「業者の種類や形態」について解説していきます。

 

✔︎ この記事は、こんな悩みを持った方が対象です。

  • 見積もり業者選びで悩んでいる
  • どこに頼むか決めかねている
  • 業者さんの種類を知りたい
  • おすすめの業者を知りたい

 

 

この記事を読むことで、外壁塗装業者の全体像が把握できるようになり、最終的には自身が納得できる業者選びにも繋がってきますので、ぜひ最後まで読んでください。

 

見積もり業者の探し方」は、こちらの記事を参照ください。

➡︎どうやって探す?外壁塗装の見積もり業者の探し方と、おすすめ方法

 

外壁塗装工事の見積もり全般」についての情報はこちらです。

➡︎ 初心者のための外壁塗装の見積もり手引書

 

外壁塗装業者の種類や形態と、それぞれの違いを比較

外壁塗装業者の種類や形態と、それぞれの違いを比較

 

まず、外壁塗装工事を行う会社(業者)は、大きく分けて4種類あります。

 

  1. ハウスメーカー
  2. 工務店
  3. 大手塗装専門会社
  4. 地元塗装店

 

各業者形態別の傾向は、ざっくりこんな感じです。

 

 ハウスメーカー工務店塗装専門会社地元塗装屋
技 術
塗 料××
価 格××
対応力××
安心度×

 

それぞれに傾向や特徴があり、メリット・デメリットがありますので、しっかり理解した上で、あなた自身にとって、一番合うと思える外壁塗装業者を選びましょう。

 

では、それぞれの傾向や特徴を解説していきます。

 

ハウスメーカーに外壁塗装を頼む

 

ハウスメーカーとは、名前の通り「家を建てる専門会社」です。

 

例えば

  • 積水ハウス
  • セキスイハイム
  • ダイワハウス
  • ミサワホーム
  • 三井ホーム
  • ヘーベルハウス
  • 住友林業

などがそれにあたります。

 

特徴

 

特徴としては、何をするにしても下請け・孫請けの業者さんが工事を行う点です。

 

外壁塗装工事の場合も、本体(ハウスメーカー自体)が作業することはなく、下請けの地元塗装屋が工事して、社員は現場管理に徹するのが特徴です。

 

メリット

 

ハウスメーカーに塗装工事を依頼するメリットは、やはりその「安心感」です。

 

下請け業者に依頼するにしても、最終的な責任はハウスメーカーがとってくれるでしょうし、保証体制も万全で、手抜き工事などは基本的に少ないでしょう。

 

デメリット

 

ハウスメーカーに塗装工事を依頼するデメリットは、「塗装工事費用が高い」ことです。

 

当然かもしれませんが、下請け・孫請けに工事を任せるわけですから工事費も高くなります。

 

大手になればなるだけ人件費や広告費、それに現場管理費も必要になってきますので、通常よりも1.3〜1.5倍の見積もり費用が一般的です。

関連記事

➡︎ハウスメーカーはなぜ外壁塗装が高い?その理由とメリットを解説

 

注意点

 

ハウスメーカーは、あくまでも「家を建てるのが専門」の会社ですから、塗料や塗装工事内容などをすべてメーカーに任せっきりはやめておきましょう

 

担当者も、外壁塗装の専門スタッフではないことを念頭に置いた上で、他社見積もりなどと比較検討しながら判断するのが得策かもしれません。

 

関連記事

➡︎ ヘーベル パワーボードの塗装、ハウスメーカーに頼むべき?他社で頼んだ場合どうなる?

 

 

工務店に外壁塗装を頼む

 

工務店は、家を建てる専門会社です。

 

工務店と呼ぶ定義などは存在していませんが、一般的には地元密着型が多く、小規模展開での会社が多いです。

 

特徴

 

こちらもハウスメーカー同様、工事は「下請けの地元塗装屋」に依頼する形態をとっています。

 

隣りの塗装屋さんから『塗装どうですか?』と、いつも声をかけてもらってたんだけど、丁重にお断りして建てた工務店にお願いしたら、作業しに来たのはその隣りの塗装屋さんだったー。

なーんていうバツの悪い笑い話を、以前お客さんから聞かされたことがあります(笑)

 

メリット

 

工務店に頼むメリットは、やはり「安心感」です。

 

家を建ててくれた会社でもありますし、付き合いが長い分コミュニケーションも容易で、まず変な塗装工事はしないでしょう。

 

デメリット

 

工務店に外壁塗装工事を依頼するデメリットは、「費用が高い」ことです。

 

ハウスメーカーほどではありませんが、それでも中抜きする(中間マージンを取る)ので、必然的に工事費用は上がります。

 

注意点

 

これはハウスメーカーにも言えることですが、担当者(営業の方)の塗装知識が乏しい傾向にあります。

 

家を建てることが専門の工務店やハウスメーカーは、建設業の知識全般を広く浅く持っていますが、外壁塗装工事に特化した有識者ではないことが多いのです。

 

ですから、下請けの地元塗装屋が出してきた工事内容に、そのまま利益を乗せて見積もり作成するのが一般的です。

 

こちらから塗料を指定するなどしないと、高品質な塗装工事はできない傾向があります。

 

 

大手塗装専門会社に外壁塗装を頼む

 

大手塗装専門会社とは、複数の店舗(支店)を展開して、外壁塗装を専門にしている会社のことです。

 

特徴

 

大手塗装専門会社は、電話営業や訪問販売営業(飛び込み営業)が主な営業スタイル

 

塗装工事は、下請け・孫請け業者に依頼し、担当者は現場管理を行います。

 

メリット

 

大手塗装専門会社に依頼するメリットとしては、「常に新しい情報に目を光らせている」点です。

 

現在の最新トレンド塗料や、これから流行りそうな塗料をいち早く取り入れ提案してくれます。

 

デメリット

 

大手塗装専門会社のデメリットは、外壁塗装初心者には「業者の質や、工事内容に関して、良し悪しの判断が難しい」という点です。

 

他社で取り扱いのない最新塗料を提案することも多いため、「比較検討」ができず、「見積もり金額の高い・安い」の判断がつきにくくなります

 

そのため、ある程度の「塗料の知識」を持っていないと、なかなか見極めが難しい面があります。

 

注意点

 

一番の注意点は、稀に「悪徳」と呼ばれるような塗装業者に当たる可能性がある、という点です。

 

大手塗装専門会社の担当者は、基本的に口が達者な「営業マン」ですので、対等に話し合えるぐらいの塗装知識を持った方でないと、工事内容や担当者の言っている内容の真偽を見極めるのが難しいでしょう。

 

良い塗料を安くできることもありますが、騙されることもあるという、非常にギャンプル性が高い傾向にあると言えます。

 

 

地元塗装屋に外壁塗装を頼む

 

地元塗装店とは、ある特定の狭い地域で営業している小規模の塗装業者のことです。

 

有限会社や個人経営(個人事業主)の塗装屋もけっこういます。

 

特徴

 

地元塗装店の特徴としては、基本的に下請けに頼らず、自社で施工を行う職人会社です。

 

営業が苦手なので、自社で個人向け集客が出来ない会社も多く、大手の下請けや孫請けの仕事をこなして生計を立てている塗装店が多いのが特徴です。

 

例えば、ハウスメーカーや工務店、それに大手塗装専門会社などです。

 

メリット

 

地元塗装店に工事を依頼するメリットとしては、地域に密着した経営スタイルなので、ご近所に多くの施工事例がある点です。

 

あと、自社施工なので直接職人とコミュニケーションが取れ、言った言わないの「行き違いトラブル」が少ないのもメリットの一つです。

 

デメリット

 

地元塗装屋のデメリットとしては、比較的「保守的」な塗装業者が多い点です。

 

経営リスク上、新しい塗料やトレンド塗料などはあまり使わず、これまでやってきた独自のスタイルを貫き通す、といった感じなので、結果的にお客さんにとっては「融通が効かない」と感じることもあるかもしれません。

 

注意点

 

注意点は、「コミュニケーション」です。

 

地元塗装屋の場合、担当者は基本的に職人ですので、経験上「気配り・目配り」ができる担当者は少ない気がします。

 

特に、連絡ごとや打ち合わせなどでも業界用語や専門用語を多用しますので(職人に悪気はないんですよ)、職人が言っていることを理解するのに苦労します。

 

対策としては、分からないことをそのままにせず、分かるまで何度でも聞き直すようにしてください。

 

【まとめ】どこに頼む?外壁塗装業者の種類や形態を徹底比較

【まとめ】どこに頼む?外壁塗装業者の種類や形態を徹底比較

 

今回は、外壁塗装業者の種類や営業形態などを解説して、その特徴やメリット・デメリットなどを比較してみました。



最後に、今回の記事内容をまとめておきます。

 

初心者向け
  • ハウスメーカー
  • 工務店

塗装価格は通常の約1.5倍。
高いわりに塗料の品質や工事レベルは並。
それを「安心料」と考え、割り切れるかどうか。

 

中級者向け
  • 地元塗装店

塗装価格は安いが、内容もそれなり。
多少時代遅れの塗装屋も多いので注意。
家にこだわりを持った方や、新しいモノ好きの方にはちょっと不向きか。

 

上級者向け
  • 大手塗装専門会社
ギャンブル要素高し。
ごく稀に、最新のトレンド塗料や、最高級塗料で安く出来る場合もあるが、その逆も多い。
営業マンはお客さんをみて商談してくるので、塗料の知識などの、ある程度の有識者でないと、その見極めは難しい。

 

 

私自身、20年間の業界経験から導き出した傾向になりますので、見積もり依頼時や、塗装工事業者の選定の目安にぜひご活用ください。

 

関連記事 こちらも合わせてどうぞ。

どうやって探す?外壁塗装の見積もり業者の探し方と、おすすめ方法
外壁塗装の見積もり業者をお探しですか?どこに頼む?どうやって探す?といった初心者のための塗装業者の選定方法5パターン、プロがおすすめする外壁塗装業者の探し方を紹介。業者探しに必要な考え方やポイントを伝授。こちらを読めば、見積もり業者選びの悩みが解消されます!

 

初心者のための外壁塗装の見積もり手引書
「外壁塗装の見積もり」を取る方のための完全マニュアル。見積もり業者の探し方・見積もりの比較の仕方・塗装業者の選び方・見積もり金額の比較方法など、見積もりに関する疑問や悩みを解決できます。初心者の方でもわかりやすくプロが解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

以上、今回は「外壁塗装業者の種類や営業形態について」の情報でした。

 

タイトルとURLをコピーしました