外壁塗装に使う塗料は水性と油性、どちらが良い?

塗料

 この記事で解決できる悩み

 

外壁塗装の見積もりを何社か取ってみたけど・・・
・水性と油性ってどっちがおすすめ?
・水性と油性、何が違うの?
・油性は塗料の臭いがきつくなる?
・みんなどうしてるの?

 

住宅用屋根・外壁塗料には、「塗料がどれだけ長く持つか」を左右する樹脂のランク以外に、「水性」・「油性」という分類がされています。

 

この「水性」「油性」というのは、具体的にどのような違いがあるのか。

 

 

本記事では、外壁塗料における「水性塗料・油性塗料の違い」や「メリット・デメリット」そして最終的に「どちらを選んだ方が得か」を、分かりやすく解説していきます。

 

この記事は、20年以上塗装業界に携わり、今現在も現役で監督をしている私自身が、過去900棟以上の現場経験から得た知識をもとに、本当に役に立つ情報を抽出して書いています。

 

外壁塗料の油性と水性どっちを選ぶべき?

まず最初に「水性塗料と油性塗料はどちらが良いか?」の回答ですが、間違いなく油性塗料と言えます。


なぜなら、「油性塗料の方が長く持つから」です。ボールペンやマジックなどもそうですよね、油性の方が長く持つ。

 


しかし、水性塗料を塗ったからといって、マジックの様に雨で色が落ちてしまうようなことはありません。外壁用、屋根用の塗料として造られていますので、そこまで性能に明らかな違いはありません。

あくまでも水性と油性を比較した場合「水性塗料の方が劣る」ということです。

塗料の性能が同じであれば、油性塗料の方が長く持つ

 

そもそも水性と油性では何が違うのか?

では、外壁塗料に使用する水性塗料と油性塗料とでは、具体的に何が違うのか。

 

これは、塗料を「水」で薄めるか、「シンナー」で薄めるかの違いです。

 

「シンナー」・・・「油性」(溶剤)
「水道水」 ・・・「水性」

 

塗料は、塗料缶を空けるとドロドロした状態で入っていますので、そのまま使うことは出来ません。

 

ですから、「水」「シンナー」などで混ぜ合わせて、いったんサラサラな状態にしてから外壁に塗り上げます。

のちにそれらが乾燥・蒸発して、塗料だけが残り、塗装の膜が形成される、という感じです。

 

 

塗料カタログ 希釈剤

※各塗料のカタログにも、しっかりと希釈剤が記載されています。

 

  • 油性塗料に混ぜる「シンナー」は、水より早く蒸発するので、速乾性・密着力なども高く、水性塗料よりも性能が上がります。
  • 一方で、水性塗料は「水」を混ぜ合わせて使用する為、油性塗料ほど臭いがしません。

 

というように、水性塗料と油性塗料にもそれぞれ特徴がありますので、次項で分かりやすくメリット・デメリットを一覧にしてみました。

 

これらを理解された上で、どちらの塗料がいいかをトータル的に検討されるのが良いでしょう。

 

水性・油性のメリット・デメリットを比較

 こちらがメリット・デメリットの比較表です。

  「水性塗料」 「油性塗料」
耐久性 油性より落ちる 水性より長持ち
価 格 安い 高い
臭 い 少なめ 多い
速乾性 乾きが遅い すぐ乾く
濃い色は× 全色対応
 
【 補  足 】
  • 近年、水性塗料の性能は上がっており、油性塗料との違いは以前ほどなくなりつつある。
  • マンションなどの集合住宅では、臭いが少ない水性塗料の使用が多い。
  • 鉄部は、密着性の良い油性塗料を使用。水性系では剥がれてくる。
  • 屋根は、外壁より痛みが早い為、油性塗料を推奨。
  • 天候が定まらない梅雨時期などは、速乾性のある油性塗料が良い。

 

という感じで、簡潔にまとめると「コスト重視=水性塗料」「性能重視=油性塗料」という傾向ですね。

 

臭いに問題がないのであれば、個人的には油性塗料を推奨します。

その理由も下記に載せておきます。

 

実際に起こった水性塗料でのトラブル

私が、お客さんに油性塗料をおすすめする「きっかけ」になった出来事がこちらです。

参考にして頂ければ幸いです。

 

【 水性塗料でのトラブル事例 】

  1. 外壁を水性系シリコンで塗装して1ヶ月後、ベランダ外壁部に雨垂れ発生
    現場に出向き、拭き上げるが、まったく汚れが取れない

  2. おかしいと思い、塗料メーカーを呼び現場確認すると、雨垂れがついていたのは塗装表面ではなく、塗料の中に侵入している汚れと判明

  3. 塗料メーカー曰く、水性系塗料は、表面はすぐ乾くが、中が完全に固まるまでは1か月ほどかかると言われた。

  4. お客さんに事情を説明、再度ベランダ部を油性塗料で塗り直し、解決。

 

結局、水性塗料を使用したばっかりに、塗料が乾く前に雨が侵入して、それが雨垂れになってしまったわけです。

 

塗料の「速乾性」は、こういったところでも非常に重要なんだなぁと、改めて考えさせられる出来事でした。

 

 

実は、こういった事例はよくあることで、塗料メーカーや塗装に携わる人間であれば、油性塗料の方が性能が良いというのは分かっています。

 

しかし現状、水性塗料を勧める(見積もりをする)塗装業者さんが多いんです。

 

ということで次項では、「では、なぜ塗装業者はそれでも水性塗料をすすめるのか?」の理由について、「一般の方は知らない業者側の事情」を解説していきます。

 

多くの塗装業者が水性系塗料を薦める理由

先程書いた様に、油性塗料の方が水性塗料よりも長く持つのは業界の常識です。

 

でも、なぜ水性系塗料を勧める業者が多いのでしょうか。

 

✔ その理由がこちらです。

【 水性塗料を使う業者側のメリット  】
  • 油性塗料より扱いやすく作業性も◎
  • 現場での塗料の管理も◎
    (引火する危険などがない)
  • 余った塗料の使いまわし◎
  • 油性よりも安い為、利益が取れる
  • 他社より見積もりが安く提示できる
  • ご近所からの臭いのクレームがない
  • 水性系でも性能が良くなってきた

 

まとめると、水性塗料は使い勝手がよく、簡単に使えて、しかも安いからですね。

だから、ホームセンターに売られている塗料は水性系塗料ばかりなんです。

いくら油性塗料が性能が良くても、そっちの方がよく売れるんです。

 

でも、外壁塗装はお金を払ってプロにお願いする工事ですよね。

わざわざ塗装業者の使い勝手の良い、性能が劣る塗料を使う意味、あるでしょうか。

これはあくまでも個人的な見解なのですが、私はそう考えます。

 

【補足情報】

「池に鯉を飼っている」「赤ちゃんがいる」「妊娠している」「臭いにかなり敏感」な方の場合、油性塗料は臭い(刺激臭)がありますので、念のため事前に業者に相談して決められることをお勧めします。

 

【結論】水性と油性、どちらがいいか

 外壁塗料においての「水性塗料と油性塗料、どちらを選べばが良いか」の結論ですが、「臭いがダメ」という方以外は、油性塗料を強くお勧めします。

 

水性塗料でも臭いはしますので、不安な方は事前に業者に頼んで臭いを嗅がせてもらうといいでしょう。

 

 

ちなみに塗料には水性油性問わず、「健康上問題がないですよ」と認定されたマーク ホルムアルデヒド放散等級【F☆☆☆☆】 があります。

名前の知れた大手塗料メーカーであれば、ほぼ取得していますので確認してみて下さい。

 

F☆☆☆☆ が表示されている製品は安全ですか?

建築基準法施行令では、ホルムアルデヒドの発散速度が5μg/m2h(0.005mg/m2hr)以下の建材のレベルをF☆☆☆☆としており、一般の人がその環境下で一生生活したとしても健康上問題がないレベルと想定されています。
ただし、化学物質過敏症の方は微量の化学物質でも影響を受ける場合がありますから、建材の選定にあたっては実際に材料に触れたり、臭いを嗅ぐなど事前に確認されることをお薦めします。

出典:ホルムアルデヒド】に関するQ&A | NSK – 日本建築仕上材工業会

 

以上で、今回の「外壁塗装に使う塗料は水性と油性、どちらがいいの?」の解説は終わりです。

 

当ブログでは、他にも外壁塗装・屋根塗装に関する疑問や悩みについて記事を書いていますので、ぜひ参考にして下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました